Javascriptの数値の変換と判定

数値の変換

文字列操作で数値を抜き出した後に演算したいパターンがある。

例えば以下の例。

start = $(this).css('left');//"100px"
end = $(this).css('width');//"100px"
start = start.replace("px", "");
end = end.replace("px", "");
end = start + end;//100+100のはずが"100"+"100"に

数値に変換してから演算する。

end = parseInt(start) + parseInt(end);

数値の判定

isNaN関数で手軽に可能。

if (!isNaN(end)) {
    //数値である場合はfalseが返る点に注意。
    //なぜならNaNはnot a numberの略だから。つまり非数値判定。
}
console.log(isNaN(1));//false
console.log(isNaN("1"));//false
console.log(isNaN(underfined));//true
console.log(isNaN(NaN));//true
console.log(isNaN([1,2]));//true

あわせて読みたい

コメントを残す