WordPressが勝手にpやbrを操作してくる場合の対処法

WordPressは厳密なHTMLを強要してくることで有名だ。

確かにHTMLは正しく書く必要がある。ウェブ制作者である我々にとってはなおさらだ。
しかし間違っていると分かっていても本能の赴くままに表現したい場合もある。

例えば、人は精神的に追い詰められるとエンターキーを連打しがちだが、
(異論は認めない)
それをWordpressのテキストエリア上でやると、大量の改行が挿入されることになる。

そうして怒りを改行に変えて投稿ボタンを殴りつけるのだ。

そしてさぞかし殺意に溢れた記事ができただろうと思って表示してみると・・・

なんと改行が一つも無い!

あんなにbrタグや空のpタグを入れたつもりだったのに、実際には全く表示されないのだ。

↓こうやって打ち込んだはずなのに、

<p>
    <br><!-- (怒) -->
    <br><!-- (怒) -->
    <br><!-- (怒) -->
    <br><!-- (怒) -->
    <br><!-- (怒) -->
    <br><!-- (怒) -->
    <br><!-- (怒) -->
    <br><!-- (怒) -->
    <br><!-- (怒) -->
    <br><!-- (怒) -->
    <br><!-- (怒) -->
    <br><!-- (怒) -->
    <br><!-- (怒) -->
    <br><!-- (怒) -->
    ファック!<!-- (大 爆 発 !!) -->
</p>

↓実際に表示してみると、

<p>
    ファック!<!-- (小爆発) -->
</p>

これでは不完全燃焼ではないか。

なんとも意地悪な、肩透かしというか。
ムカつくヤツに「好きなだけ殴っていいよ」と言われたから好きなだけ拳を振り上げたのに、全部かわしてきて余計腹立つみたいな。

だったらそもそもビジュアルエディタで改行させるなよ!

pやbrというパンチをことごとく避けるWordpress。
しかしなんとかパンチを当てたい。

「当たります」

え?

「あなたのパンチ、当たります」

えぇ!?

自動でpやbrを整形する機能を止める方法

function.phpに以下を追記。

remove_filter( 'the_content', 'wpautop' );
remove_filter( 'the_excerpt', 'wpautop' );

これでpやbrでWordpressをボコボコにできます。

参照↓
http://scope.minibird.jp/niji-life/archives/289

あわせて読みたい

コメントを残す