カスタム投稿とカスタムフィールドでCMS化

WordPressで定型的なコンテンツを定型的に運用するには、カスタム投稿タイプとカスタムフィールドでCMS化する。

HTMLの分からない顧客から「自分で更新したい」という要望があった場合にはまず間違いなくCMS化して納品する。

プラグインを使うことで簡単に実現可能なため、昔に比べずいぶんと敷居が下がった。

以下手順を説明する。

プラグイン

Advanced Custom Fields

Custom Post Type UI

カスタムフィールドの短い呼び出し方

WordPress3.5対応!カスタムフィールドの出力方法まとめ

以前のコード。

<?php if ( get_post_meta($post->ID,'メタキー',true ) ) { ?>

WordPress3.5以降のコード

<?php echo $post->メタキー; ?>

タクソノミについて理解の深いサイト

カスタム投稿タイプとタクソノミー(taxonomy)について

タクソノミのcategory.phpの様な定型のファイル名が分からなかった時に発見した問答
http://ja.forums.wordpress.org/topic/13869

タクソノミの一覧表示

http://wpdocs.sourceforge.jp/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%B0/wp_list_categories

<?php wp_list_categories('taxonomy=taxonomy_id'); ?>

タクソノミのカテゴリ別リスト表示

カスタムタクソノミーをカテゴリーのように記事ページに出力する便利な関数「get_the_term_list」と「get_the_terms」

あわせて読みたい

コメントを残す