XAMPPを用いたWordPressローカル開発環境の構築

WordPressはHTMLと違い、サーバー上でしか動作しないため、開発にあたってローカルにサーバー環境を構築する必要がある。
本稿ではXAMPPを用いたローカル開発環境の設定手順を記載する。

XAMPPとは?

ウェブアプリケーションの開発環境をクロスプラットフォームで容易に構築できるパッケージソフトウェア群。ApatchやMySQL、PHP、perlなどが含まれる。

XAMPPのインストール

参照
http://www.adminweb.jp/xampp/install/index1.html

バーチャルホストの設定

バーチャルホストとは?

ひとつのサーバーで複数のドメインを運用する技術。ローカルにバーチャルホストを設定することで、複数のサイトの開発を行うことができる。

ルートディレクトリの作成

C:/xampp/htdocs/の直下に任意の名称でディレクトリを作成する。

このディレクトリがサイトのルートになるので、Wordpressのインストールなどはこのディレクトリに対して行う。

httpd-vhosts.confの設定

C:/xampp/apache/conf/extra/httpd-vhosts.conf

最下部に以下の内容を追記する

<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/任意のディレクトリ名"
    ServerName アクセスURL
</VirtualHost>

このサイトの場合

<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/milkyshade"
    ServerName milkyshade
</VirtualHost>

hostsファイルの設定

C:/windows/System32/drivers/etc/hosts

最下部付近に以下の内容を追記する

127.0.0.1       アクセスURL

このサイトの場合

127.0.0.1       milkyshade

ローカルサイトにアクセスする

Apatchを再起動し、hostsファイルに設定したhost(URL)にアクセスする。

ルートディレクトリに配置した内容が表示される。

あわせて読みたい

コメントを残す