[AdobeAir][AS3]Windowsネイティヴインストーラーの作成

通常であればPackageApp.batを実行するとbinフォルダに作られる.airインストーラーでairアプリのインストールが可能。

しかしairアプリ内でOSに依存するNativeProcessを利用している場合、必ずそのOSに応じたインストーラーを作成しなければならない。

AIR 2 以降では、ADT を使用して、AIR アプリケーションを配布するためのネイティブアプリケーションインストーラーを作成できます。例えば、Windows 用の AIR アプリケーションを配布するために、EXE インストーラーファイルを作成できます。また、Mac OS 用の AIR アプリケーションを配布するために、DMG インストーラーファイルを作成できます。AIR 2.5 および AIR 2.6 では、さらに、Linux 用の AIR アプリケーションを配布するために、DEB または RPM インストーラーファイルを作成できます。

ADOBEのマニュアル
デスクトップネイティブインストーラーのパッケージ化

以下作り方のTODO

  1. .airのインストーラーを作成する
  2. ADTのクラスパスを環境変数に追加する
  3. コマンドプロンプトからADTコマンドでインストーラーを作成する

1 .airのインストーラーを作成する

これは通常通りPackageApp.batを実行するだけ。
binフォルダ内に.airインストーラーが作成される。

作成されない場合はクラスパスが通っていない可能性がある。
ここを参照して設定を確認する。

2 ADTのクラスパスを環境変数に追加する

コマンドプロンプトでadtを実行するために、adtの実行ファイルが入ったディレクトリを環境変数の$PATHに追加しなくてはならない。

ADT実行ファイルの場所

flex_sdkのインストールディレクトリ以下のbin。
当方の環境であれば、C:flex_sdk_4.6binになる。

環境変数$PATHの追加の仕方

コントロールパネル→システム→システムの詳細設定→環境変数を開く。
ユーザーの環境変数の欄で、PATHが存在すればそれに上記のADT実行ファイルのパスを追記。
なければPATHを追加し、ADT実行ファイルのパスを記述して保存。

念のためwindowsを再起動する。

3 コマンドプロンプトからADTコマンドでインストーラーを作成する

コマンドプロンプトを立ち上げ、cdで.airインストーラーのディレクトリに移動する。

そして以下のコマンドを記述してenter。

adt -package -target native application.exe application.air  

.airインストーラーと同じディレクトリに.exeインストーラーが作成されていれば成功。

もしコマンドから「adt?なにそれ?」と言われた場合は、環境変数$PATHにADTの実行ファイルのパスを正しく記述できていない。

あわせて読みたい

コメントを残す